在宅訪問薬剤師サービスってどんな仕事?資格、給料や今後の需要について

在宅訪問給料資格

2021年12月24日 掲載

薬剤師
薬剤師

最近調剤薬局で在宅訪問が増えてきたんだけど、具体的にはどんな業務内容なの?

高齢者が増え、在宅訪問薬剤師としての仕事も増えてきたね。説明していくね。

セルバ
セルバ

在宅訪問サービスとは?

高齢者と薬剤師

在宅訪問サービスとは、薬剤師が、通院困難な方や、自宅・施設で療養介護生活を送る高齢者のもとを訪問し、薬物治療に関して正しい服用方法などについて指導を行った上でお薬をお渡しするサービスです。

患者様のお薬の服用状況や作用・副作用、症状や生活状況について確認し、治療効果を最大限引き出せるよう、安全管理を含めてお薬に関しての全面的支援を行います。

また、患者様や家族との関わりだけではなく、地域包括ケアシステムにおけるチーム医療の一員として、他職種ともコミュニケーションをとりながら、患者様の療養生活をサポートしていきます。時には、医師や看護師、ケアマネージャーに同行して訪問を行うこともあります。

在宅薬剤師として働くには?

今後ますますニーズが高まると言われている在宅医療業界。薬剤師として社会に貢献し、もっと医療に深く携わりたいという方にとって、在宅医療は大変やりがいのある職場です。 

在宅薬剤師になるためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。

必要な資格・経験・スキル

勉強

資格

薬剤師の資格さえあれば、誰でもなることが可能ですが、さらに専門的な知識や技術を備えて在宅医療に携わりたい場合は、「在宅療養支援認定薬剤師」「緩和薬物療法認定薬剤師」などといった認定薬剤師資格の取得を目指すこともひとつの方法です。

在宅医療を実施するにあたり、これらの資格を持っていると患者さま本人や家族、また医師やそのほかの介護関係者などと信頼関係も築きやすく、さらに質の高い医療を提供できるようになります。

薬剤師に関する資格ではありませんが、訪問時に車を利用することもありますので、普通自動車運転免許があったほうが安心です。

■経験

在宅薬剤師は、単に処方せん通りに薬を処方し服薬指導を行うだけではなく、患者様の生活環境や価値観、ライフスタイルを考慮した柔軟かつ総合的な判断とアドバイスが必要になります。

 これらを踏まえて薬剤師としての知識はもちろん、沢山の薬剤管理や服薬指導経験が必要です。複数の現場で、さまざまな診療科の薬に触れ、さまざまな患者様にと関わっておけると安心です。

■スキル

在宅薬剤師は薬局内で働く一般薬剤師の場合と比べ、医師、看護師やケアマネージャー、ホームヘルパーなど地域医療を支える他職種と連携して患者様と関わる機会が大幅に増えます。

また、訪問時は、患者様本人だけでなく、家族に対しても薬の服用状況などについてヒアリングを行います。正しい服用ができているか、飲み忘れがないか等といった確認をするためには、患者様やその家族から上手に情報を聞き出すことが必要です。

他職種や患者様、その家族と良好な関係を築くために、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。

さらに、在宅医療においてはあらゆる疾患・症状の患者様へ医療を提供するため、薬の種類や作用・副作用について、幅広い知識を得ておくことが必要となります。

業務内容・役割

他業種との業務連携イメージ

在宅訪問薬剤師の大まかな業務内容としては、患者様に直接薬を届け管理をすることとなります。

医師が発行した処方箋をもとに医薬品の調剤・提供、服薬指導をするという点では調剤薬局での業務と大きな違いはありません。

しかし、患者様一人一人に対して体調の変化について確認し、施設職員やケマアネージャー、医師と情報を共有することが必要になります。

患者様宅を訪問する際には、医師同行の在宅訪問もありますが、週に1回~月に1回程度、基本的には一人で訪問し服薬管理をおこないます。その中で患者様や家族とのコミュニケーションを取って、薬の効果や副作用などについて聞き取りも忘れずにおこないます。

患者様が住み慣れた地域で快適に療養生活を送れるようサポートするのが、訪問看護薬剤師の使命です。

一日のスケジュール


在宅薬剤師の一日はどのように過ごすのでしょうか。1日のスケジュールの例を見てみましょう。

【出勤・準備】
出勤し、訪問先の薬や必要なものを準備します。
訪問先に電話を入れます。

【午前の訪問】
患者様のお薬の使用状況・効果・副作用や体調・生活状況など、ご家族と一緒にヒアリングを行います。

今回処方されたお薬のご説明・お渡しをして、次回の訪問日を確認します。

【休憩】
午後に備えて休憩を取ります。

【午後の訪問】
患者様のお薬の使用状況・効果・副作用や体調・生活状況など、ご家族と一緒にヒアリングを行います。

今回処方されたお薬のご説明・お渡しをして、次回の訪問日を確認します。

【調剤薬監査・退勤】
処方箋に基づいて準備(調製)された医薬品の分量等が間違っていないかチェックします。

給料

在宅訪問薬剤師の給料についてですが、在宅専門の薬局や在宅業務のある調剤薬局の数がまだ少ない現状で、明確な年収相場というものは無いです。

しかし、今のところわが国では訪問薬剤師の多くは調剤薬局に勤務する薬剤師ですので、その年収相場は薬局薬剤師の一般的な年収が該当します。

一般の薬局薬剤師の平均年収は、約500万円と言われていますので、訪問薬剤師の年収相場はこの金額が該当すると言えるでしょう。

【転職者必見】今後の為に知っておきたい、職場別「薬剤師の1日のスケジュール」

在宅訪問サービスの今後

高齢者と薬剤師

在宅訪問医療を導入している調剤薬局はまだそれほど多くありません。しかし、高齢化に拍車がかかる状況を受けて、今後は「入院したくても入院できない」などの理由で在宅療養を余儀なくされる患者様は必ず増加していきます。

それに伴い、訪問医療の需要はますます増大することが予想されます。そのため、今後は在宅訪問医療の経験がある薬剤師が重宝される時代が来ると考えられます。

在宅医療に興味のある人、患者様の「生活」にまで目を向けた専門的な支援を行いたい人には、「在宅訪問薬剤師」を目指すことを強くおすすめします。チーム医療に参加している実感が持て、患者様からも感謝される機会が多く、大いにやりがいを感じることができますよ。

薬剤師のスキルアップとは!? 2つの実現方法「転職」・「資格」について

まとめ

現時点では、訪問薬剤師として活躍する人材が少ないのが現状ですが、社会情勢からも、今後在宅医療へのニーズはどんどん高まっていくと考えられます。

在宅訪問医療の仕事を早めに経験しておくことは今後のキャリアアップを見据えたときに必ず役に立つことでしょう。

ページTOPへ戻る