【面接落ちる方必見】薬剤師の転職面接において大切な面接対策

転職面接

2021年6月18日 掲載

薬剤師のみなさん、面接は得意でしょうか。
面接では様々な観点から質問が飛んできて、頭が真っ白になる方も多いと思います。
今回はそんな面接に関して、心構えから質問例など様々な観点からご紹介いたします。
ぜひ面接を挑む上で、参考にしてください。

面接官は結局何を見ているのか

この人と一緒に働きたいかどうか

面接ではこの部分を一番に見ています。
これはどれだけ能力があったり優秀だとしても性格が合わなかったり、

考え方が違うと感じられてしまったらお見送りになってしまいます。
面接官も人間なので、好き嫌いも当然あります。
だからこそ会社としてどのような考え方を持っているのかなどは事前に把握しておくようにしましょう。

では、どのような質問が面接であるのかについて解説していきます。

実際の面接ではどのような質問があるのか

あなた自身に関する質問

面接ではアイスブレイクも含めて自己紹介から面接が始めるところがほとんどです。
あなたのプライベートな部分からざっくばらんに性格などを把握するところも多いです。
ここではリラックスしながらあなた自身をしっかりと伝えるようにしましょう。
面接の序盤でもあるので、印象が良いことを面接官に伝えるようにしましょう。
8割は第一印象で決まってしまうと言われるほど、最初の振る舞いは重要になります。
例としては、以下のようなことを意識しましょう。


丁寧な話し方で正しい敬語で会話ができているか

相手の目を見て、笑顔で話すことができているか

質問に対して答えがしっかりとできているか

早口にならず、落ち着いて対応できているか

これまでの経歴・どのような経験をしてきたのか

面接では過去の経験を深堀して、あなたの経験から求める人物像と合っているのかを確認します。
よって、ここで重要になってくるのは面接官がどのような回答を求めているのかを把握しなければならないといった点にあります。
例えばマネジメント経験を求人概要の中に含まれていたなら、あなたはマネジメント経験を絡めた過去の経験を話さなければなりません。
他にも自分で主体的に取り組んだ経験はあるのか?

など小さなことだったとしても、工夫して物事を考えて取り組んだことがあるのかはかなり大きなメリットになります。
自発的に考えて動くことができる人はメリットが大きいと考えるからです。
このように面接官側の目線に立っても、どのような回答をすれば良いのかを意識してみましょう。

前職を退職した(しようとしている)理由は何か

この部分で意識して欲しいことは『ネガティブな意見は言わない』ということです。
たとえ辞めた理由が


残業時間が多かった

給料が少なかった

人間関係が合わない


等の理由で合ったとしても、言わない方が良いです。
なぜなら、受けている会社でも同じような場面になった際にすぐに辞めてしまうだろうと

判断されてしまうからです。

意識して欲しいのは企業にとって「ポジティブな回答」であるということです。


より成長できる環境に行きたかった

裁量権の高い環境で働きたい

医療の最前線で働きたいと思ってから

より患者様の近くで働ける環境が良い


などのポジティブな回答を伝えると良いでしょう。

意識して欲しいのは、今回の転職はネガティブではなく自分自身をステップアップするポジティブな転職であることを伝えましょう。

あなたが大切にしている価値観はなんですか

価値観とは転職活動における軸のような部分になります。
ここでは企業側の狙いとして、ミスマッチを無くしたいという狙いがあります。
企業は自社にとって長く働いてくれる価値観を持っているか、

あなたの人間性や将来性を見極めたいと思っています。
最近では面接だけでなく性格テストを導入することで相対的な評価で見ているケースが多いです。

例えば、面接で主体的に動きますと答えたとしても、性格テストでは周りの判断を仰いでから動きますと答えてしまった場合、言動と行動が相反しているので落ちてしまう確率が高くなります。
この価値観を答える上で意識して欲しいことは、受けている企業がどのような価値観を持っているのかを把握しましょう。

大抵の場合は求人票に載っていたり、コーポレートサイトに載っているケースが多いです。
それでも見当たらない場合は、転職エージェントの人に聞いてみるのも一つの手です。
そしてその価値観を理解した後に意識することは、あなた自身が持っている価値観とどのように合っているのかを言語化できるように準備しておくことです。

企業が主体性を大切にしているなら、あなた自身の転職活動の軸も主体的に働ける環境などを伝えるべきです。
そしてこの価値観を証明できるように実際の仕事内容やこれまでの経験から話せるようにしましょう。

弊社を選んだ理由はなんですか

志望動機に関しては、その企業ではなければならない理由を明確な意図をもって伝えましょう。


あなたが志望する会社には、その企業以外にも多くの競合他社があります。
そのような状況なのになぜ自社を選んだのか。
これを答えることができないと、面接官は「どのような企業でも良かったのではなかったのか」「とりあえずうけたのだろう」といった評価になってしまいます。要するに「自社でなければならない理由がない=すぐに離職してしまう」と考えられてしまいます。


あなた自身の熱意や入社意欲は面接において重要な指標になります。
あなたがその会社で何を成し遂げたいのか、挑戦したいのかをしっかりと面接官に伝えると、より面接を突破する確率は増えてきます。


具体的にはどのように伝えていけば良いのでしょうか。
これには考え方が2点あります。

1点目は『あなたが大切にしている価値観の延長線上に志望理由がある』ということです。
面接では一貫性があるという観点もかなり重要視されています。
あなた自身が例えばチームワークを大切にして働くことを大切にしているなら、その企業ではどのようなチームワークがあって、それがなぜあなたにとって良いと言える価値観なのかを伝えましょう。

2点目は『その企業は何が強みなのかを明確にする』ということです。
ここはその企業が良いと思ったポイントです。
大きくは以下のような部分が挙げられると思います。

企業の業界における立ち位置
扱っている商材の良さ
企業の理念や働き方に共感
社会貢献の高さ

これらのような理由で、なぜ良いと感じたのかをしっかりと調べて上で伝えるようにしましょう。

この2点をしっかりと伝えることができたら、説得力があり意欲も伝わるでしょう。

逆質問に関して

逆質問はあなたから企業に話すことができるアピールチャンスです。
ここでは意欲があることを中心に伝えることができると好印象に移ります。
逆に企業に対する条件や残業時間などのネガティブなことは聞かないようにしましょう。
質問例としては以下のようなものがベターです。

・入社するまでに準備しておくことはありますか
・1人立ちするまでにはどのくらい時間がかかりますか。
・管理薬剤師になるまでには、何年かかりますか。
・○○地域への出店計画はありますか。将来的に同地域での管理職に就くことは可能でしょうか。
・今後の御社の展望をお聞かせください。
・○○というニュースを拝見したのですが、どのような展開を想定されているのでしょうか。
・面接官の方が企業を決めた理由を教えてください。ぜひ色々な方の意見が聞きたいと思っています。

ポジティブな逆質問をして、あなた自身をアピールしていきましょう。

面接をする上で準備しておくポイント

身だしなみや話し方

身だしなみは話す内容よりも見た目の印象が評価につながってしまうことがあります。
ここはしっかりと対策を行うだけで防ぐことができる部分なので、面接前にはしっかりとチェックして臨むようにしましょう。

・ワイシャツのしわは伸びているか
・寝癖などはとっているか
・背筋を伸ばして姿勢は凛としているか
・靴は汚れていないか
・顔は前髪で隠れていないか

面接での話し方は声の大きさやトーン、話すスピードは適切であるかといった
患者様に話していることを意識して会話することを意識してみてください。
そしてぜひPREP法をイメージすると良いです。
PREP法とは、結論⇨理由⇨具体例⇨結論の順番で話を展開するフレームワークのことです。
それぞれの英語の頭文字をとってそのように呼ばれています。
なぜこの話し方を意識した方が良いかというと、面接というのは自分自身のことを限られた時間の中で
上手に話をしなくてはいけません。
論理的でわかりやすい回答をするだけで、面接官からの評価は上がっていくのでぜひ意識して話してみてください。

事前に調べれることは調べておく

これはあなた自身と企業の両方についてしっかりと準備をしておきましょう。

あなた自身の場合、自己分析がメインです。
あなた自身の強み・弱みは何か、性格の特性はどんなところかなど面接官から質問をされて深堀されるケースがほとんどです。
だからこそしっかりとわかりやすく・説得力をもって伝えることができるようにしましょう。

企業の場合は、業界研究・企業研究です。
企業の事業内容だけでなく、業界での立ち位置や競合他社との比較を行うことでその会社自身の魅力を伝わります。

忘れ物はしていないか

よくあるのは面接当日に持ち物を忘れてしまうことです。

これはそれだけで評価が下がってしまうので、面接に行く前日まで準備しておくようにしましょう。
以下のようなものが必要なので、改めて確認しておきましょう。

・筆記用具
・履歴書
・職務経歴書
・携帯電話
・現金
・企業指定の提出物

有利になる方法3選

1, エージェントの使用

エージェントでは面接の練習からフィードバックまで行ってくれます。
面接が苦手な人や改善点を見つけたい方にはすごく良いです。
まずは話を聞くだけでも良いので、活用しましょう。

2, 面接動画を見る

最近ではyoutubeなどの動画サイトに頻繁に面接に関する動画が上がっていることが多いです。
これは薬剤師だけでなく、一般企業に勤めている人の面接を見るのでもおすすめです。

面接が通らない=自分の条件にあった企業に転職できないので、しっかりと対策をしましょう。
どのようなことを意識して話しているのかをチェックしてみてください。

3, 話している言葉を録音して聞いてみる

これはあんまり知られていないですが、自分が話している言葉は思っている以上に聞き取りづらかったり何を伝えたいのかわからない場面が多くあります。

逆にいうと改善の余地があるということです。
録音した言葉を聞いて、客観的な立場から改善してみるのもおすすめです。
身近な友人や親の方に聞いてみるも良いですね。

まとめ

以上、薬剤師の面接対策に関する内容でした。
面接において一番大切なことは「相手が何を求めているのかをしっかりと理解して、その答えを準備すること」です。

ぜひあなたがいきたい企業があった際に本記事を活用して、内定を取ることを目標に準備してください。

ページTOPへ戻る